嘘つきグラドル源藤アンリの本名やスッピン画像と元カレ1人は本当?調査!

近藤さんです。

今回は、踊るさんま御殿!“うそつきグラドル”と言われている源藤アンリさんが出演されると聞いて、気になることを調査してみました。

近藤は、源藤アンリさんを知らなかったのですが、ぱっと見て第一印象はすごく可愛い!という感じ。

スッピンが詐欺とか?

本名が全然違うとか?

と思ったら、学歴とかいろんな方面で嘘が多いキャラなようですね。

しかし、念のためアンリさんの本名やwiki風プロフィフィールにまとめて、スッピン画像も調べてみました!

出典:YouTube

また、今回の踊るさんま御殿の予告で「過去に付き合っていた人は1人だけ」と言って、他の出演者の方に突っ込まれまくっていたので、元カレ現在の彼氏についても調べてみました。

よかったら最後までお読みください。

スポンサーリンク

“嘘つきグラドル”源藤アンリさんの本名は?wiki風プロフィール

出典:Twitter

名前は、源藤アンリ(げんとうあんり)さん。

過去に「アイリ」という芸名で活動していましたが、現在は、本名である【源藤あんり】の名前で活動しているとのこと。

親にバレないように、美容関係の仕事をしていると嘘をついていたようで、芸名を今までに7回は変えているそう。

(ここからもう嘘が始まっていたんですねw)

生年月日は、1995年3月22日の24歳。

北海道札幌市の出身です。

血液型は0型で、身長は161cm。

スリーサイズはB80/W51/H81、靴のサイズが22cmとかなり小さめです。

趣味は【ビル巡り、読書、映画鑑賞、スポーツ観戦】

特技は【葉や着替え、回し蹴り、ピアノ、バトミントン(同大会出場)】

ですが、ビル巡りが趣味って珍しくないですか?(何するんだろう・・・)

スポーツは見るのもやるのも好きなようですね。

可愛い顔から、回し蹴りが想像できませんが、護身術か何かでしょうか。

そもそも、源藤アンリさんが“嘘つき”と呼ばれるようになったのは、大学生の頃からとのこと。

美容院やエステなどで「どこの大学?」と聞かれるときに、見栄を張って「青学(青山学院大学)」と答えたことがクセになり、お嬢様っぽくみられたい時は「フェリス」などその時の気分で大学を偽ったことがきっかけのようです。

実際は、青山学院大学も受験したけど、不合格。

実際の学歴は、産業能率大学の出身だそうです。

さらには「日本一可愛いコンビニ店員」というキャッチコピーでデビューしているのですが、実際はコンビニで働いたことがないそう。(衝撃)

以前有吉反省会に出演した際に、SNSでコンビニで働いている風な投稿をしたことや、働いたことがないので、コンビニの情報を自分で調べて発言していた事を暴露しました。

そうしたことが重なり今は“嘘つきグラドル”として有名になっているそうです。

スポンサーリンク

“嘘つきグラドル”源藤アンリさんのスッピンは嘘?(画像あり)

そんな嘘つきグラドル源藤さん。

SNSでは加工しているのか、テレビの方が可愛い!と近藤は思うのですが、スッピンはどうなのでしょうか。

源藤アンリさん本人のインスタにアップされている写真で1つすっぴんかな?

と思うものをピックしてみました。

それがこちら!!

この投稿をInstagramで見る

前髪キッタ🐘

源藤アンリ(@anrigento)がシェアした投稿 –

パジャマ姿で「前髪を切ったよ」という報告のようですが、ほぼすっぴんじゃないかな?と思います。

アプリで加工されているものよりも実物の方が可愛いと思うのは近藤だけでしょうか・・・。

その他は、現在の源藤アンリ、過去のアイリで検索してもそれらしきものは出てきませんでした。

スポンサーリンク

“嘘つきグラドル”源藤アンリさんの元カレがひとりって本当?過去の彼氏や現在の彼氏について調査!!

今回出演の踊るさんま御殿では「今まで付き合った人は一人だけ・・・」と言って、大久保さんや他の出演メンバーに突っ込まれる!!というシーンが印象的でしたが“嘘つきグラドル”なので、また「純情そうにみられたいから・・・」という設定のウソかもしれません!

そう思って、過去の熱愛や元カレ、現在の彼氏の情報を探ってみました!!

しかし、ネット上やSNS上を見ても、全く男の気配なし

事務所側のガードが硬いのか、これは本当で実際に一人しかいないのか。。。

しかし、これだけ可愛いし「よく見られたくて嘘をつく」人に彼氏ができないわけない!と思ってしまいます。

もしかして、本当は彼氏がいるのに、上手に嘘をついているのでしょうか!?笑

これからボロボロといろんな嘘がわかってくるかもしれません。

その時はまた追記していきますね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク