埼玉“リアル万引き家族”犯人・父母子の名前・顔画像・現在!事件内容まとめ【爆報ザフライデー】

近藤さんです。

今回は、2020年11月13日(金)19時〜放送の爆報!ザフライデー泥棒家族とも言われた“リアル万引き家族”について取り上げられます。

番組概要【警察ミステリー特別編 埼玉県警vsリアル万引き家族】

昨年、埼玉県で映画「万引き家族」さながらの万引き家族が逮捕された。
犯人の父母子4人は半年に渡り、ラブホテルや車中で逃亡生活。
個人商店などで窃盗を繰り返していた…。今回番組は事件現場や被害者を徹底取材!
さらに元埼玉県警・佐々木成三氏から重要証言が!アキラ100%、2.5次元俳優・和田雅成を刑事役に迎え、執念の逮捕劇を再現ドラマで描く!

引用元:公式ホームページ

【関連記事】

異常性癖サドル泥棒犯人・須田広昭(顔画像)25年捕まらなかった理由や実兄証言まとめ【爆報ザフライデー】

1年に3度強盗に入られた理由・恐怖のカラクリのネタバレ

神奈川県警伝説の刑事は小川泰平!朝霞市少女監禁事件驚きの捜査方法や犯人特定

事件の内容について覚えている方もいるかもしれませんが、具体的な事件内容犯行手口・動機、リアル万引き家族の生活の様子などをまとめてみます。

また、犯人である父母子の名前や顔画像も調べてみたのでご覧ください!!

スポンサーリンク

埼玉“リアル万引き泥棒家族”事件内容【爆報ザフライデー】

まずは“リアル万引き家族”と言われた犯行の内容や被害について過去のニュースをまとめていきます。

リアル「万引き家族」か。埼玉県警は17日までに、一家4人で盗みを繰り返したとして、窃盗や建造物侵入の疑いで、住所不定、無職の坂上里喜容疑者(62)と妻(55)、長女(30)、長男(26)を逮捕した。県警によると容疑を認め「生活のためにやった」と供述している。

まさに映画のような窃盗一家の犯行は、防犯カメラの映像から浮上した。坂上容疑者と長男は盗みの実行役で、長女が盗品をリサイクル店などで売却する担当として役割分担されていた。長女は盗品等処分あっせん罪で起訴された。

坂上容疑者と長男については、食品や釣り道具など総額約236万円相当の窃盗容疑などで追送検し、捜査を終えたとしている。

一家は2月まで同県本庄市の借家で暮らしていたが、金銭トラブルが原因で退去、車中泊を繰り返しながら生活していたという。追送検容疑は2月~7月、同市の焼き肉店などに侵入し、現金のほか牛肉やポテトサラダなど計約236万円相当を盗んだ疑い。4人は調べに「金がたまればラブホテルに宿泊し、盗んだ肉を七輪で焼いて食べた」と話している。

参考元:https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191217/dom1912170007-n1.html

当時、かなりニュースでも話題になっていましたが、その後の調べではその被害総額は、400万以上となっているそう!!

そして、実際に埼玉県警が押収した盗品画像はこちら!!

引用元:https://saitama-np.co.jp/news/2019/12/17/04_pic.html

ここで書いてある以外にも、現金やゲーム機、研磨機といった電気工具など、本当にたくさんの犯行をしていたようです。

スポンサーリンク

埼玉“リアル万引き泥棒家族”犯行前の生活と犯行動機【爆報ザフライデー】

どうして家族でこんな風に犯罪を犯さなければならなかったのか。

犯行動機や、万引きする前の生活についても気になりました。

供述では「生活費のため」と言っていたそうですが、後の調べて犯人家族を取り巻く環境がわかっているようです。

犯人家族は20年以上前から、埼玉県本庄市内にある平屋の一軒家の借家に住んでいました。

しかし近所の人からは、誰1人働いている様子がなかったと言われていました。

父親は過去に、事故を起こして交通刑務所に入っていて、母親は、足を悪くして生活保護をもらっていたそう。

しかし、その生活保護も不正受給では無いかと疑われていて

近所の人からも「当たり屋」をして足を悪くしたのでは無いか?

という噂まであったそう。

(そもそも近所の人にも疑われるということは、ご近所さんとも交流がなかったり、あまりいい関係性でなかったことがわかりますよね)

また、息子と娘は消費者金融から借金をしていたとのこと。

こうなっていくると

もしかしたらもっと前からこう言った手口で犯行を繰り返してきたのでは無いか?

と疑ってしまいますよね。

息子や娘に関しては、父親の犯罪歴が原因で就職が難しかったのかな?

とは思いますが、小さい頃から親が犯罪まがいのことをしていたら、当たり前になってしまっていたのか…など推測してしまいます。

そして、最終的には、この借家の管理人と金銭的なことで揉めて「夜逃げ」をしたそうなんです。

家財道具なども一切そのままだったとのこと。

(おそらく家賃の滞納や借金関係で色々あったんでしょう)

※この借家の住所などネットで特定されているかな?と思ったけれど見つかりませんでした。

そうして、車とホテルを渡り歩く、リアル万引き家族の生活が始まったということで、詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

埼玉“リアル万引き泥棒家族”犯行手口と驚くべき生活【画像あり】

借家から夜逃げをした家族は、およそ半年間にわたって、埼玉県北部から群馬県太田市周辺をトヨタの黒いステーションワゴン“アルテッツァ”で家族4人で車上生活をしながら、犯行を重ねていきました。

↓こちらがリアル万引き家族が生活していた同じ車種の車です

引用元:Wikipedia

ステーションワゴンなので後ろは広くできますが、ここに大人4人で生活って結構厳しいですよね…

そして、食べ物は、スーパーから万引きしたり、ラーメン屋さんからチャーシューを盗んだりして七輪で焼いて食べていました。

また、釣具店で釣具を盗み、釣りをして釣れた魚を食べることもあったそうです。

(しかもブラックバスなど普通は食べない魚も食べていたそう…)

リアル万引き家族の犯行手口は、足がつかないようにしっかりとした役割分担がされていたと言います。

  • 実行犯…父親・息子
  • 盗品の手入れ…母親
  • 売却担当…娘

このような感じで、盗品を売ってお金ができるとラブホテルなどに宿泊することもあったそうです。

実際に、家族が泊まったという本庄市のラブホテル「ロコズリゾートハワイ」

引用元:https://stay-lovely.jp/hotels/1363

当時従業員の証言もあります。

「オイル漏れが酷い、群馬ナンバーの黒いトヨタ車はよく来ていましたよ。“20時間=3980円”のサービスタイムに、若い男女と年配の男女に分かれて2部屋を利用するんです。掃除に入ると手つかずのスーパーのお弁当やお茶が3、4人分積まれている。とても2人では食べきれない量だから、従業員の間では“万引きでもしてるんじゃないか”と囁かれていた。そうしたら、案の定でね」

参考元:https://www.dailyshincho.jp/article/2020/01190559/?all=1&page=2

家族でラブホテルに入るのも普通じゃ無いですし、盗んでおいて食べないものありえない!!(そもそも盗むのもダメだけど)

家族でこんなに協力して役割分担もできるなら、普通に働いて仕事すればいいのに…って思ってしまいます。

スポンサーリンク

埼玉“リアル万引き泥棒家族”犯人・父母子の名前・顔画像はコレ!現在は【爆報ザフライデー】

そして、リアル万引き家族の犯人である父母・娘・息子名前顔画像を調べてみました。

また、この家族構成が複雑でしたのでまとめます!!

2019年の7月、ホテルに4、5台の覆面パトカーが押し寄せ、20人を超える捜査員が家族の泊まる部屋に突入。

4人は暴れることなく、おとなしく連行されたそうです。

それぞれの名前と容疑はこちら。

  • 父・坂上里喜(62) 窃盗・建造物侵入(2019年7月)
  • 母・坂上やすえ(55) 窃盗容疑(2019年11月)
  • 息子・坂上祐貴(26) 窃盗容疑・建造物侵入(2019年7月)
  • 娘・熊川汐保美(30) 窃盗容疑・盗品等処分あっせん罪(2019年7月)

母親だけ逮捕の時期が違うのは、当時証拠がなく一時、生活困窮者向け施設に身を寄せていたそうです。

そして、娘だけ苗字が違うので、結婚しているのかな?

と思ったのですが、母親であるやすえ容疑者がバツイチで連れ子だったそう。

家庭環境も複雑で、生きていく上で、家族になるために犯罪に手を染め仲ればならなかったのかと思うと同情しますが、30歳っているのがちょっと痛いですよね…

学校とかもちゃんと行かせてもらえなかったのでしょうか?

そして、問題の顔画像ですが、当時ネットで特定をしようとしていた方は多かったのですが、正確な顔画像を表示している方はいませんでした。

そして、この家族の現在について。

罪については、窃盗などは懲役や罰金がありますが、罰金は払えないと思うので、それぞれ懲役に入っていると思います。

この家族はバラバラになった方が幸せに暮らせるでしょうね。

【関連記事】

異常性癖サドル泥棒犯人・須田広昭(顔画像)25年捕まらなかった理由や実兄証言まとめ【爆報ザフライデー】

1年に3度強盗に入られた理由・恐怖のカラクリのネタバレ

神奈川県警伝説の刑事は小川泰平!朝霞市少女監禁事件驚きの捜査方法や犯人特定

以上、泥棒家族こと、リアル万引き家族の事件内容や名前などまとめでした!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

こちらの記事もよく読まれています



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク